論文執筆のためのアドバイス「ターゲットジャーナルを決める」

100%品質保証の 安心サポート

お問い合わせはこちら arrow right icon

※見積は無料・1時間以内に送信します

ターゲットジャーナルを決める

ターゲットジャーナルを決める

ターゲットジャーナルを決める

各分野のジャーナルでは数多くの有名ジャーナルが存在します。しかしこのような有名ジャーナルが自分の書いた論文と必ずしもマッチするわけではありません。ジャーナルの方向性などマッチしない論文はその分掲載される確率も低くなります。ジャーナルの編集者がアクセプトを決めるため考える一番大きい項目の一つは、論文の目的と主題がジャーナルの読者の要求と趣向と一致するかどうかです。
ここでは、論文を掲載するためのジャーナルの決め方について、どのようなフローで決めていくのかを見てみたいと思います。

投稿するジャーナル候補の探索方法ですが、まず自分の論文と類似している他の論文を探し、その論文の掲載されているジャーナル及び引用されている参考文献の掲載ジャーナルをリストアップします

その後、自分の論文を掲載する目的をよく考えてみる必要があります。どのような人たちに読んでほしいのかが明確になれば、より適したジャーナルを選ぶことができると思います。例えば、日本の分子生物学の関係者に読んでほしい場合と、全世界の一般生物学の関係者に読んでほしい場合は、選ぶジャーナルは違ってきます。

そして、次はリストアップしたジャーナルの目的を確認してみる必要があります。
まず、ジャーナルの「About Us」及び「Guide for Authors」を確認します。
ジャーナルの目的や主題が確認できれば、該当ジャーナルがどのような論文を掲載するのかをより明確にすることができます。
ジャーナルは殆どの場合、ウェブサイトに投稿の基準もしくは「Guide for Authors」から目的と主題について説明をします。
またにはジャーナルが追求する研究の種類を具体的に説明する場合もあるので、ジャーナルの調査ではまずここを確認する必要があります。

次に、そのジャーナルに掲載されている研究論文を読んでみます。 ジャーナルの掲載されている過去何年かの論文を確認すればジャーナルの論文スタイルについてより深い理解ができます。

最後に、ジャーナルの「IF(Impact Factor)」を確認します。
IFは過去2年のうちに、該当ジャーナルの掲載された論文が他論文に引用された頻度をベースにつけられます。IFが高いほど該当ジャーナルの論文が他論文に引用された頻度が多いということになります。
このIFを見れば、該当ジャーナルがどれほど権威があるかを大体把握することができます。もちろん頻用回数のみがジャーナルの判断基準ではないのですが、多い場面でIFは有効に使われています。
ジャーナルの権威が高ければ高いほど、掲載されるのが難しくなります。ジャーナル投稿にかかる時間と努力を考慮し、そこまでの価値があるかどうかを判断してください。
多くの研究者たちはネイチャー(Nature)のような有名ジャーナルに投稿したいと思いますが、場合によっては、それよりはIFが低くても他のジャーナルを狙ったほうがいいかもしれません。

プレミアム英語論文校正サービス

学術分野で経験の豊富な認定された専門英語ネイティブが国際ジャーナル水準の校正サービスを提供します。万が一、100%の品質を保証し、お客様にご満足いただくまで対応いたします。

その他にも、翻訳からスタートしたい、オプションサービスにのみ関心がある、エディターを指名したいなど、お客様の要望に沿って柔軟に対応いたします。まずはお問合せください!

問合せ