論文執筆のためのアドバイス「研究結果の書き方」

100%品質保証の 安心サポート

お問い合わせはこちら arrow right icon

※見積は無料・1時間以内に送信します

研究結果の書き方

研究結果の書き方

研究結果の書き方

論文の結果のセッションでは「この研究で何を発見したのか」に対する答えを提示する必要があります。
そして、次のセッションである考察(Discussion)のところで読者が研究結果を解釈して評価できるように、結果のセッションでは著者の主観が入らないように、論理的な順番で研究結果を提示する必要があります。

研究結果では以下のような項目が含まれます。
・表やチャート及び絵などで表示されるデータ
・データ収集、参加者及び研究対象に関する説明
・主要研究主題に対する関連データ

もし研究のテーマが広範囲に渡っていてすべての記述が難しい場合は、序論で言及したテーマに一番近い結果のみを記述する必要があります。
そして、研究の直接的な結果を提示する内容以外は除外する必要があり、ジャーナルが結果のところに考察(DIscussion)を含めるようにしていない限りは、結果に対する説明や解釈は除外します。

もちろん研究別にその特徴が異なるため、研究結果のセッションを作成するにあたって一つのルールが決まっているわけではございません。そして、結果の内容やレイアウトなどはジャーナルのガイドラインなどによっても異なりますので、ターゲットジャーナルに合わせた総合的な戦略が必要になります。

プレミアム英語論文校正サービス

学術分野で経験の豊富な認定された専門英語ネイティブが国際ジャーナル水準の校正サービスを提供します。万が一、100%の品質を保証し、お客様にご満足いただくまで対応いたします。

その他にも、翻訳からスタートしたい、オプションサービスにのみ関心がある、エディターを指名したいなど、お客様の要望に沿って柔軟に対応いたします。まずはお問合せください!

問合せ