論文執筆のためのアドバイス「序論の書き方」

100%品質保証の 安心サポート

お問い合わせはこちら arrow right icon

※見積は無料・1時間以内に送信します

序論の書き方

序論の書き方

序論の書き方

序論は読者が論文を読み始める部分で、読者がこの論文を読むか読まないかはここの序論に大きく左右されます。
それでは、序論を作成する際に考慮すべき点について確認してみましょう。

まず序論は、「論文作成を開始する際」と「論文作成を仕上げる際」の2段階で作成したほうがいいと言われています。
序論を仕上げの際に作成したほうがいい理由は、他の部分が完了していない状態では序論にそれをまとめるのが難しいためです。
このため、序論の作成は2段階で作成することをおすすめします。

一般的に序論では、自分の研究の意義を裏付ける背景知識を含めます。しかし読者がすでに知っていそうな広範囲で細かすぎる背景知識の説明は避けるように注意したほうがいいと思います。
また、研究課題に関わる最新の先行論文の研究結果を引用し、読者に研究の妥当性を認識される必要があります。
そして、引用の論文はその出典を明確にする必要があります。学会で剽窃とは由々しき行為であり、著作権の侵害はもちろん、皆様の研究の信頼性にも影響します。

そして、自分の研究の重要性や価値をアピールすることも重要になります。その後今回の研究で新しく発見された内容について説明を付け加えます。
しかし序論で結論を出したり、研究の結果を含めるのはだめです。

プレミアム英語論文校正サービス

学術分野で経験の豊富な認定された専門英語ネイティブが国際ジャーナル水準の校正サービスを提供します。万が一、100%の品質を保証し、お客様にご満足いただくまで対応いたします。

その他にも、翻訳からスタートしたい、オプションサービスにのみ関心がある、エディターを指名したいなど、お客様の要望に沿って柔軟に対応いたします。まずはお問合せください!

問合せ