論文執筆のためのアドバイス「研究方法及び研究手続きの書き方」

100%品質保証の 安心サポート

お問い合わせはこちら arrow right icon

※見積は無料・1時間以内に送信します

研究方法及び研究手続きの書き方

研究方法及び研究手続きの書き方

研究方法及び研究手続きの書き方

ジャーナルの編集者たちが掲載する論文の選ぶ際に確認する重要な要素の一つに研究方法(Method)があります。論文は研究の結果のみならず、どのようにその結果が得られたのかとどのようにその結果を出したのかを説明する必要があります。また、読者たちが該当研究の実験を再現し、結果の妥当性を評価する場合にも必要になります。

つまり研究方法の部分では実際実行された研究手続きと方法論について明確に説明する必要があり、読者に、この研究が何を・どうやって・なぜしたのかを理解してもらう必要があります。

基本的に研究方法では次の4つの情報を含めます。

1.研究デザイン(Study design)
2.研究対象(Test subjects)
3.データの収集(Data collection)
4.データの分析(Data analysis)

そして以下の内容については注意する必要があります。

・過去時制を使います
・結果と研究方法を混用しないようします。ここでは研究手続きのみ記述する必要があります
・研究の背景情報は除外します
・研究を再現するための最小限の情報のみを記述します。
・正確な測定情報(単位を含める)を提供し、全ての誤差を公開する必要があります
・すでに存在する他論文の方法をそのまま繰り返しては行けないです。その代わり、引用をつかて該当方法についての説明がすでに他の論文に乗っているということを明確にします。既存の方法から追加されたもしくは変更された情報のみを記述します。

プレミアム英語論文校正サービス

学術分野で経験の豊富な認定された専門英語ネイティブが国際ジャーナル水準の校正サービスを提供します。万が一、100%の品質を保証し、お客様にご満足いただくまで対応いたします。

その他にも、翻訳からスタートしたい、オプションサービスにのみ関心がある、エディターを指名したいなど、お客様の要望に沿って柔軟に対応いたします。まずはお問合せください!

問合せ