論文執筆のためのアドバイス「論文アクセプト後の流れ」

100%品質保証の 安心サポート

お問い合わせはこちら arrow right icon

※見積は無料・1時間以内に送信します

論文アクセプト後の流れ

論文アクセプト後の流れ

論文アクセプト後の流れ

論文のジャーナル掲載が決定したら、次のような流れになります。

まず、論文アクセプトのお知らせは責任著者、または共著者全員にメールで知らされます。そして、少し経ってから編集部から連絡がくることになります。基本的には内容的に修正すべき事はほとんど無い、というのがこの段階の前提です。

連絡の前まで、編集部ではどのような作業が行われているのかを見てみると、以下のような形になります。
→アクセプトの決定及び著者へ連絡
→制作部に論文原稿を送付
→制作部にて書式を整えるなどの作業
→確認のために著者に最終版の校正原稿を送付
この流れの作業は、大まかに1ヶ月程度のことが多いようです。(もちろんジャーナルごとに異なります)

最終版のものを受け取ったら、まず著者リスト、所属などに間違いが無いか確認し、誤字脱字などのマイナーなミスも細かく確認して修正します。しっかりと誤字脱字、参考文献リストの整合性、著者リストの最終確認を行い、編集者に連絡を入れれば今後は出版を待つことのみです。

おめでとうございます。

プレミアム英語論文校正サービス

学術分野で経験の豊富な認定された専門英語ネイティブが国際ジャーナル水準の校正サービスを提供します。万が一、100%の品質を保証し、お客様にご満足いただくまで対応いたします。

その他にも、翻訳からスタートしたい、オプションサービスにのみ関心がある、エディターを指名したいなど、お客様の要望に沿って柔軟に対応いたします。まずはお問合せください!

問合せ