論文執筆のためのアドバイス「論文がリジェクトされたら」

100%品質保証の 安心サポート

お問い合わせはこちら arrow right icon

※見積は無料・1時間以内に送信します

論文がリジェクトされたら

論文がリジェクトされたら

論文がリジェクトされたら

投稿した論文がリジェクトされるのは大きく分けて2つのケースがあります。

1.完全にリジェクトされ、掲載が事実上不可能
2.条件付きリジェクトで、内容を変更して再度提出すれば再度選考

前者の場合は、完全に投稿を諦めるか、または他のジャーナルを探して再投稿する必要があります。後者の場合は、まだ可能性があるので、諦めるにはまだ早いです。

有名なャーナルでは、一般的に掲載可能な論文数の数倍の論文が寄せられます。そのため、完璧な論文ではない限り、リジェクトもしくは条件付きリジェクトになる場合が多いです。そして、論文の査読者は通常複数人が任命され、全ての査読者が肯定的に評価する可能性は非常に低く、基本的に一度でアクセプトされるのは難しいです。

つまり、リジェクトをもらったとしても失望する必要はありません。まず査読の結果や編集者のコメントを細かく確認し、論文を補完することでアクセプトの可能性はいくらでもあると言えます。

実はジャーナルが掲載できる論文の数は限られているため、かなり権威のある研究者でさえリジェクトされる場合が多いです。逆にアクセプトされる回数よりリジェクトのほうが一般的でしょう。

重要なのはどのように論文を補完しより完成度を上げるかにかかっています。

プレミアム英語論文校正サービス

学術分野で経験の豊富な認定された専門英語ネイティブが国際ジャーナル水準の校正サービスを提供します。万が一、100%の品質を保証し、お客様にご満足いただくまで対応いたします。

その他にも、翻訳からスタートしたい、オプションサービスにのみ関心がある、エディターを指名したいなど、お客様の要望に沿って柔軟に対応いたします。まずはお問合せください!

問合せ