プレミアム英語論文校正サービスの「盗用剽窃チェック」の用語説明

100%品質保証の 安心サポート

お問い合わせはこちら arrow right icon

※見積は無料・1時間以内に送信します

「盗用剽窃チェック」とは?

意図せぬ剽窃・盗用の心配をしっかり取り除くため、事前の剽窃チェックは欠かせないものです。場合によっては意図せず先行研究の論文と類似する表現が論文の中に含まれていたり、ジャーナルから剽窃・盗用の可能性を指摘されたりしてしまうことがあります。論文を提出する前に予め問題になりうる箇所をチェックして指摘に備えましょう。

「盗用剽窃チェック」のツール

プレミアム英語論文校正サービスにて提供しているiThenticateの剽窃チェックは、既存の公開情報(学術フルテキストデータベース)と照合し、独自性を検証するオンラインツールで、アーカイブされている700億以上のWebページや、プレミアムな学術コンテンツと比較し剽窃の可能性をチェックする国内で最も使われている剽窃チェックツールの一つです。

* 確認作業は剽窃チェックツールを使って行われるため、剽窃チェックツールで確認できる範囲を越えた剽窃を発見することを保証するものではございません。また、本サービスには検出された剽窃の可能性のある箇所を英文校正またはリライトによって修正する作業は含まれていません。

「査読」の流れ

「盗用剽窃チェック」の対策

プレミアム英語論文校正サービスでは剽窃チェックのサービスを提供しております。
いつでもお気軽にご相談ください!

*剽窃チェックは基本的にサービスに含めて提供しておりますが、このサービスをご希望で、案件の合計金額が10万円未満の場合は追加料金が発生します。
*プロフェッショナル英語論文校正の場合でもオプションサービスとしても提供しておりますので、気軽にご相談ください。

「査読」の対策
問合せ