プレミアム英語論文校正サービスの「論文診断レポート」の用語説明

100%品質保証の 安心サポート

お問い合わせはこちら arrow right icon

※見積は無料・1時間以内に送信します

「論文診断レポート」とは?

作成された論文を第3者によって客観的に分析することは、論文のアクセプト率を上げる大きなポイントになります。プレミアム英語論文校正サービスでは、論文を言語的な部分(英語の正確さ的確さなど)と内容に関する部分(各論文セッションごとの分析)に分けて分析し、そのレビューを出すことで、論文が補完すべきところを確認できます。

「論文診断レポート」の例

論文診断レポートは大きく3つのセッションになります。

まずLanguage reviewでは、「Overview」, 「Organization and flow」, 「Formatting」に分けられ、論文の英語がどのくらいの完成度なのかをレビューします。

そして、Content reviewでは、「Title,Abstract, and keywords」「Literature review and research rationale」「Study design or methodology」「Results and statistical analyses」「Discussion and conclusion」の5つの分類に分けられ、論文の構成などについてのレビューを行います

最後に、Submission checlistでは各ターゲットジャーナルの観点から補完すべき点についてレビューを行います。

*論文診断レポートのサンプル目次

「査読」の流れ
問合せ